スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

CentOS4.4のyum updateでkernel関連を除外、アップデートしない

個人的にはそれほど利用しないTIPSですが
今回必要になったので、とりあえず書いておきます。

設定は簡単で、

 [root@hoge ~] vi /etc/yum.conf

[main]
cachedir=/var/cache/yum
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
pkgpolicy=newest
distroverpkg=centos-release
tolerant=1
exactarch=1
retries=20
obsoletes=1
gpgcheck=1
exclude=kernel*   ←これを追加

# PUT YOUR REPOS HERE OR IN separate files named file.repo
# in /etc/yum.repos.d
plugins=1

これだけでOK。
こののちにyum -y updateを行うと、kernel関連のアップデートを行わずに
それ以外のファイルを一括でアップデートします。
複数追加したい場合は、

exclude=kernel* httpd* mysql*

こんな感じでスペースを入れればOK。
kernel周辺に手を加えたくねえという時に便利です。

スポンサーサイト

2007.07.05 | ご意見(430) | 提携(0) | 電子機器架

«  | 正面ゲート |  »

 

FC2Ad

プロフィール

ショウスケ

ショウスケ
当格納庫の宿直職員。好きな市場は築地、好きな埠頭は芝浦、好きな電車はゆりかもめと東京モノレール。

受付

提携一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

庫内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。